ダイエット

デブになりにくい体にする3つのポイント

更新日:

デブになりにくい体にする3つのポイント

 

デブ菌を減らして痩せやすい体にする

デブになりにくい体にするための3つのポイントがあるので頭に入れておくようにしてください。

  1. 腸内環境をリセット
  2. 悪玉菌を増やしすぎないようにする
  3. 体内の酵素をフル充電させておく

 

① 腸内環境をリセット

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3つの菌が存在しています。
腸内環境をいい状態を保つためには3つの細菌の割合が
「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=15%:10%:75%」
がベストで最も腸内環境が整っているとのことです。

 

② 悪玉菌を増やしすぎないようにする

理想の腸内環境を目指したいところですが、3つの細菌の割合バランスはストレスや食生活の内容によってすぐに失ってしまうようです。

ストレスが重なったり、栄養バランスの悪い乱れた食生活をしていると腸内の悪玉菌はあっという間に増えます。

また、腸内細菌の多くの割合を占めている日和見菌は数の多いほうに加勢する特性を持っているため、悪玉菌が善玉菌より多いと悪玉菌と一緒に腸内の環境を劣悪にしていくでしょう。

しかし、悪玉菌にも役割があり、善玉菌を刺激して動きを活発化させて、インフルエンザなどの病原菌を撃退してくれる存在です。

あくまでも善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが重要になってきます。

 

③ 体内の酵素をフル充電させておく

太りにくい体を作るためには腸内環境を整えることは最重要課題です。

酵素にも乳酸菌と同じように腸内環境を整えてくれる期待ができます。

しかし、体内で酵素を使える量には限界があり、消化酵素を消費しすぎてしまうと、代謝酵素で体の新陳代謝機能を向上リセットさせるほうに手が回らなくなっています。

酵素不足にならないように普段の生活やストレスを溜め込まないように覚えるようにしましょう。

 

Copyright© 生酵素キャノン , 2019 All Rights Reserved.